作業療法士の給料や専門学校、国家試験の情報

スポンサードリンク

作業療法士とは

作業療法士

作業療法士(さぎょうりょうほうし、Occupational Therapist、OT)は

「医師の指示の下に、身体又は精神に障害のある者またはそれが予測される者に対し、主としてその応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため手芸、工作その他の作業を行わせる」コ・メディカル(医療従事者のうち医師や歯科医師以外の者)の一種である国家資格です。


作業療法とは身体又は精神に障害がある者に対して、その応用的動作能力や社会適応能力を増進するために手工芸や料理、絵画制作その他様々な作業を治療的に用いるリハビリテーションのことをいいます。


作業療法は、日常生活動作や家事などの現実生活に関係した作業活動や陶芸や美術工芸、手芸、園芸、編み物などの創造的活動、ゲームやスポーツ、音楽、コーラス、演劇などのグループ活動など実に多岐多彩に及びます。

障害を持ってもその人らしく生活するために、身体的機能を回復することだけでなく、たとえ失われた機能があったとしても残された能力を活用して活発に社会参加ができるように支援することが作業療法の目的です。


リハビリテーションは、その対象者によって有効な方法は様々です。

生まれつき障害を持った子どもの自立を支援するのと、精神に障害を持った人の社会復帰を援助するのとでは支援プログラムも異なります。


作業療法士には、基本的な知識・技能に加えて対象者に応じた専門的な知識や技能が要求されます。


作業療法士の仕事は、一般の病院、精神病院、リハビリテーションセンター、保健センター、介護保健施設、介護福祉施設、更正援護施設などが主たる職場になっています。

作業療法士の国家試験

作業療法士

作業療法士の国家試験は毎年3月に行われ、筆記試験と口述試験及び実技試験があります。


筆記試験は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県で行われます。


解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、

臨床医学大要(人間発達学を含む)、作業療法といった一般問題や運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、作業療法などの実地問題があります。


受験資格は以下の通りです。


1.学校教育法(昭和22年法律第26号)第56条の規定により大学に入学することができる者で文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設において3年以上、作業療法士として必要な知識及び技能を修得した者


2.外国の作業療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者で厚生労働大臣が1.に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定した者


3.法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において作業療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業した者


また口述試験及び実技試験は東京都で実施されます。

作業療法士の求人、給料

作業療法士

作業療法士の求人ですが、作業療法士の国家資格取得後の就職率はほぼ100%、

中には求人倍率が2倍以上のところもあるようです。


職場を選ぶ時は臨床実習などで医療現場の感触をつかみ、医療分野か福祉分野のどちらを選ぶのか、子供たちのサポートかご老人の介助かなどよく考えることが重要です。


また就職後も高水準の知識と技術が求められるため、研修会や講習会に積極的に参加して自己研鑽に努める必要があります。


作業療法士の給料は、医療職の給与について国や地方自治体が定めた俸給表に基づいて決められることが多いようです。


民間施設の場合もこの俸給表に基づき、その福祉施設を所管する地方自治体の福祉・医療職公務員の給与に合わせている場合が多いです。


常勤の場合平均年収は470万円前後、非常勤の場合は時給3,500〜6,000円とかなりバラツキがみられるようです。


仕事場所は室内が多く、軽作業ともいえますが車椅子の移乗介助など比較的体力の必要な仕事もあり、またレクリエーションや園芸など屋外での仕事もあります。


病院や福祉施設によっては宿直もありますが、残業はほとんど無く、女性の場合結婚しても充分続けられる仕事です。


作業療法士の待遇は学歴や前歴といったものよりも、資格取得後の経験年数が反映される場合が多いようです。


実際にあるハローワーク(公共職業安定所)求人情報の一例です。

K病院(東京都)の場合

職種 : 作業療法士

経験 : 不問

年齢 : 不問

賃金 : 246,220 〜 330,000円 交通費50,000円まで支給 

休日 : 土日祝 完全週休2日制

免許資格 : 作業療法士

仕事内容 : 作業療法士業務

就業時間 : 9時から17時まで 時間外 20時間

加入保険 : 雇用・労災・健康・厚生

作業療法士の学校

作業療法士

作業療法士の資格を取得するには国家試験に合格しなければなりません。


国家資格の受験資格を得るには、まず専門の養成機関で3年以上の教育を受ける必要があります。


作業療法士の学校(養成校)は作業療法士養成施設とも呼ばれ、3〜4年制の専門学校、3年制短期大学や4年制大学に開設されています。


作業療法士の国家試験合格率は90%以上ですので国家試験対策よりは養成校選びと入試対策が決め手となるでしょう。


養成校の目的は医療現場や福祉現場で不可欠なリハビリテーションの専門職に携わる人材を養成することです。一定の条件をクリアし、文部科学大臣や厚生労働大臣の指定を受けた学校を指定養成校といいます。


どの指定養成校を選んでも最低限必要なカリキュラムはカバーされており、卒業すれば国家試験の受験資格が得られます。


4年制大学の特色は、教養課程があり体系的な思考能力の養成を基本として、より幅広い内容を身につけることができます。


3年制短期大学は、最初の2年間で専門分野まで一通り学び、最終学年で臨床実習と卒業研究を中心として学習するため、かなり凝縮された内容となります。専門学校は、一般教養より職業としての専門知識・専門技能の習得に重点が置かれています。

スポンサードリンク